忍者ブログ
ここは室長(管理人)が書いた研究レポート兼徒然日記です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まず最初のこれだけ叫ばせて。




もうK-1でランカやシェリルの歌流すの止めてくれーー!!!
どう考えたって「星間飛行」はK-1に似合わないってばーー!!!

それに、男が(しかも選手)が女性キャラ(それもランカ)の
コスプレを全国区の番組でやらないでーーーー!!!

純粋な実力は認めるからーーーー!!!(泣)


……すみません、本当にそう思ったので、K-1好きの父共々。
(なお、家で「マクロスF」知ってるの僕だけです)



にしても、二次創作で作者自身をモデルにしたオリキャラって「Mary Sue」って言うんですね。
初めて知りましたよ………って遅すぎる気もするけど。
マジでそれを取り扱ってるから心配したけど、極端に強力なキャラにはしてないつもりだし、
下にあったテストでは「問題なし」という評価が出たけど………なんか心配。
サイト紹介文に「Mary Sueあり」って書くべきでしょうかねぇ?

まあこれを発見した経緯にはwikiで「魔法少女」のページを見つけてきたのが元なんですが。
その気が無かったのにこれも一応扱っているので。
(その割に何気にお約束設定、ほぼ完璧)



で、そろそろ本題。
前回書き切れなかったFE封印とFWDSの他の指揮官レベルのキャラと、
烈火の登場人物もまとめて評価してみます。
聖魔、蒼炎はまた後で。

そういえば、前回のを書いた後、ロイは「織田信長寄りの武田信玄」、
ゼフィールは「武田信玄寄りの織田信長」っていう連想まで出来てしまいました。


【FE封印】

アレン:猛将タイプ・ランス:智将タイプ
彼らはこれで合ってるでしょ。
武のアレンに智のランス、ロイの両脇は安泰だろうね。

ウォルト:義将タイプ
個人的にも「マーカス2世」は彼だと(笑)。
もしかしたらマーカスもエルバートが若い頃はこんな感じだったのかとも。

クレイン:義将タイプ
実質的には任務放棄によるエトルリア本国の裏切りになるが、
真実の敵が総督府と知るとすぐにロイ軍の味方になるため。
戦うべき敵を見極める目があるといっていいだろう。

ティト:義将タイプ
ただ掟に忠実なだけ、という見方も出来なくはないが、
実の妹のシャニーの話だけでは味方にならないところは義に順じていると見れる。

エキドナ:義将タイプ
これ自体は疑いようが無い。他に付けるなら猛将だろう。

ゲイル:猛将タイプ
雰囲気的にもそう思える。そして「哀将」も……。


【FE烈火】

リン:義将タイプ
サカ出身という事もあるだろうけど、金銭欲は全く感じられないし、
猛将というにもちょっと難があるので。

エリウッド:戦略家武将タイプ
彼には武よりも智のイメージがあるから。

ヘクトル:婆娑羅武将タイプ
猛将と片付ければ簡単だが、
クセのあるマシューやセーラを従えてるあたり、それで片付けにくいところがある。

となるとロイはエリウッドとヘクトルのいいところを引き継いだってことになるな。

ワレス:猛将タイプ
これは見たまんま。言動だってそう。

マーカス:戦略家武将タイプ
智と武、両方でエリウッドを支えてるイメージがあるので。

オズイン:智将タイプ
軍師がいなくても彼がヘクトルの軍師として付いていそうな気がする。

パント:婆娑羅武将タイプ
あえて言うなら「前田慶次タイプ」。
妻ルイーズ共々好きなようにあちらこちらに旅してる気がするので。
(ED直後も寄り道しながらエトルリアに帰ってそうな気も……)

ロイド:義将タイプ
己の義に殉じた将、というイメージが強いもので。

ライナス:猛将タイプ
彼には義将よりこっちの方が似合う。

ソーニャ:智将タイプ
ネルガル、ブレンダン両方において。
またある意味では「哀将」とも。

ネルガル:戦略家武将タイプ
エレブ大陸を戦乱に持ち込むためにエフィデル、ソーニャ、リムステラを
各地に行かせて裏工作していた、という感じはある。


【FWDS】

キャサリン:戦略家武将タイプ
ストーリーモードでは前線で戦わないけど、
知勇兼備のイメージはちゃんとあるし。

ホイップ:猛将タイプ
特にGBWA1のホイップはそれが際立ってる感じがある。
2では落ち着いてるが猛将のイメージは残ってる。

ビリー:智将タイプ
ホイップの暴走の歯止めとイワンの指導は彼が主にやってると思う。
そしてレッドスター在籍時代からマックスといいコンビでキャサリンを支えてたとも。

イワン:義将タイプ
家にしっかり躾けられたんだろうね。
彼自身が卑怯な策を使ってくるとは思えないイメージあるし。
(ただし、プレイヤー次第でどうにも変化する)

キクチヨ:婆娑羅武将タイプ(1)・戦略家武将タイプ(2・DS)
1~2で性格が大きく変化した一人であるが、
武将イメージまでここまで変化してしまいました。
1では暴走して好き勝手やってるイメージ、
2では武も優れ、国民を愛する知勇兼備の君主のイメージがある。

アスカ:智将タイプ
知力でキクチヨやドミノを支えてる雰囲気あり。
武よりも智でしょうね。

ヤマモト:猛将タイプ
ボケてなく、本気を出した先生はものすごい猛将になりそう。
普段は智将でいいだろうが。

コウゾウ:猛将タイプ
もはやこれ以上言うまい。

イーグル:猛将タイプ
特に2の「海上要塞爆撃」が際立ってるとも。
そのまま猪突猛進に行けば、戦闘も恋愛も。

モップ:義将タイプ
石田三成と大谷吉継みたいに友情に厚いと思う。
どっちがどっちかは想像にお任せします。
(戦国武将にも詳しければすぐ分かるだろうけど)

ハンナ:猛将タイプ
勇敢な女性戦車乗り、ということで。

ホーク:婆娑羅武将タイプ
2では下克上達成、DSでは新たな強敵(ジョン)に出会ったりと
おそらくウォーズで最も人生を満喫してる人物ではないか、と思う。

キャット:婆娑羅武将タイプ
少なくとも義将でも智将でも猛将でもないし。
それに好き勝手に新兵器開発してるイメージもあるし。




まああと残りは別の機会に書くとして、もう一丁書きたい事が。



前に書いた【萌えシチュエーションバトン】で、
僕の後で続いた方々の追加設問に答えてみたくなったのでここで。


・オリキャラ(オールドバードさんの追加)→○:一次創作オリキャラは全体的に問題なし。
二次創作オリキャラの場合はそれでカップリングが成立してても、
未来のストーリーで出てくる既存キャラの子供でも問題は無いです。
ただ、存在自体が元作品の世界観やバランスを壊すようなキャラはダメですね。
(ゲーム原作なら実際に出てきた場合を考慮してない卑怯なまでに強いキャラとか)
ただし、それを補うように反する弱点や制約があれば別ですが。
(上位にいる人物に能力を抑えられている・使ったら最悪の場合死に至るなど)
前述のもありますが、僕はそれなりに考慮してるつもりですが……。

・死者復活(ウゾームさんの追加)→○:これは別に「死者蘇生」だけでなく、
死亡したと思ってた人物が現れる、というのも含まれるそうです。
死んだと思ってた人物が後で救援に駆けつけたり(無双OROCHI 魏ストーリーの曹操など)、
それを利用して裏で策略を練ったりする(BLEACHの藍染 惣右介など)なら好きですが、
その死んだと思わせたシーンが名シーンになるような場合、
そのシーンがぶち壊しになるのでそれだと×です。
(例:ガンダムSEEDのムゥ・ラ・フラガ~デスティニーのネオ・ノアロークなど)
ただ、「20世紀少年」のは………(以下省略)。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
アクセス解析
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[02/15 隆]
[01/08 きみたけ]
[06/08 栗坊]
[08/23 隆]
[08/20 きみたけ]
お天気情報
プロフィール
HN:
HP:
性別:
男性
BlogMusic
フリーエリア
バーコード
忍者ポイント

Copyright © [ 研究レポート ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]