忍者ブログ
ここは室長(管理人)が書いた研究レポート兼徒然日記です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2,3日前に原始的な生活を送っている熱帯地域に住む民族が、
ある目的のために現代の生活してもらうというスペシャル番組がありました。
それをちゃんと見てなかったんですけど、それに参加した人の目的というのが、
その民族に伝わる伝説で自分たちの神様がなぜかイギリスの外務次官になってて
いつ自分たちのところに戻ってくるかというのを聞きに行くのだとか。

なにがどうなってそういう伝説になったかは分かりませんが、
これも「シリウスミステリー」に該当する、もしくはそれに近いものであると思ってます。



そのシリウスミステリーの「シリウス」という名称は
何らかの媒体で聞いたことがあるかと思いますが、
それ自体は古代エジプトでも崇拝されていたという、一際明るい星で、
その周りを「シリウスB」と呼ばれる肉眼では確認できない白色矮星が50年周期で回っています。
そのシリウスBには地球のどの金属より重い金属で出来ていて、以前それを知った時、
その金属で一円玉(高さ1mm、直径20mmの円柱)を作ったらどれぐらいの重さになるか
自分で計算したところ、それ一つで約1kgになるという計算結果を覚えています。

wikiではこちらを。

ここからが本題で、そのシリウスBを思わせる伝説を
アフリカのマリ共和国のドゴン族が伝承していたということで
宇宙人によって教えられたというオカルトまがいの説まで出る論争にもなりましたが、
後にパプアニューギニアでアメリカの医師が原住民に教えた歌を、
数年後、その原住民が先祖代々伝わる歌としてその本人に歌って見せたことから、
このシリウスミステリーも元からあったシリウスに関する伝説に
ヨーロッパの近代文明社会から来た人間がシリウスBに関する情報を教えてしまい、
それらが混合して古代から伝わったかのように見えてしまったというものです。


前述のこともおそらくそういうものの類であると思ってますけど、
誰なんだろうな、そういうこと言った奴は?

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
アクセス解析
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[02/15 隆]
[01/08 きみたけ]
[06/08 栗坊]
[08/23 隆]
[08/20 きみたけ]
お天気情報
プロフィール
HN:
HP:
性別:
男性
BlogMusic
フリーエリア
バーコード
忍者ポイント

Copyright © [ 研究レポート ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]