忍者ブログ
ここは室長(管理人)が書いた研究レポート兼徒然日記です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とりあえず魔人学園の隠し要素「朧奇譚」出したものの、
ギャラリーと言える部分で見れるのがたった一人だけの状態。
どうやらセーブデータそのものに直接関連無いみたいなので、
その直前までのデータでやれば問題ないとは思うものの、ちょっとめんどくさそうな気も。
(フラグを立てたのがあと5人ぐらいいるけど)
だが、フラグすらないキャラはどうすれば……?
(外伝でもクリアすればいいのか?)


あと、スパロボKに初参戦する「ガン×ソード」のDVD1巻見てみました。
まだ1話だけですけど、僕が見た感じではむしろ「ガンダムX」や「グレンラガン」の方が
世界観が似てるから相性いいと思うんだけどね。
(他に「ザブングル」もあるけど、掟の問題もあるから難しそう)
参戦作品のラインナップから見ると(全部見たことは無いけど)、
キングゲイナーぐらいしか相性いいような作品が見られないし。
買う気は無いけど、どのようなストーリーになることやら。



で、最後に昨日のバトンで予告した通り「20世紀少年 第二章」のレビューを。

【20世紀少年 第二章】


まず真っ先に思うのが前作以上に血なまぐさいシーンが多い。
頭を打ちぬかれて殺されるパターンが多かったし。

それと最初から何だか泣けてきそうなところばかり。
叔父のケンヂやその仲間たちが完全にテロリスト扱いにされ、
それらの事件の英雄が「ともだち」という扱い……。
テーマパークでも真っ先にあからさまなまでのテロリスト扱い。
シューティングゲームの敵キャラにまでするなんて、現実のアメリカでもやらないだろうに。
最初からカンナの怒りと悲しみが感じられてくる……。

それにしても子供時代の「サダキヨ」の素顔と、
異様なまでにハイテンションとノリの「ともだちランド」のスタッフにはかなり引いた。
本当にあれは気持ち悪かった。

問題のラストシーン、とんでもない展開になったものだ。
ケネディ大統領にように公衆の前で暗殺されたはずのともだちが生き返り、
世界中にまた殺人ウィルスがばら撒かれて新たに出た「しん・よげんの書」の通りに……。

で、次回がそれの3年後の2017年でようやくケンヂやカンナの母の登場か。
だが何故ゆえに8月下旬の公開? 夏休みの終わり頃でしょうが。
もしかして、混雑避けるためだろうかねぇ?


で、最後に一つ気になったのが、職員室のシーンでなぜか「ヤンクミ」がいた!
今その時間枠でやってるのは「銭ゲバ」なのにねぇ。
やはり日テレ系列製作の映画だからなのかねぇ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
アクセス解析
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[02/15 隆]
[01/08 きみたけ]
[06/08 栗坊]
[08/23 隆]
[08/20 きみたけ]
お天気情報
プロフィール
HN:
HP:
性別:
男性
BlogMusic
フリーエリア
バーコード
忍者ポイント

Copyright © [ 研究レポート ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]