忍者ブログ
ここは室長(管理人)が書いた研究レポート兼徒然日記です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一週間の休みももう終わり。
なんだか色々ありすぎて微妙に休めた気がしないのは何故なんでしょ。
基本的に寝正月だったのに。


今日は「レッドクリフ」観て来まして、その上映時間前に書店で、
「孫子」・「幽霊・妖怪」・「戦国武将」とまあ
思いっきりバラバラな種類の本を買ってきました。
特に戦国武将の本なんかは、それに掲載されているイラストが
まるで「戦国無双」のキャラデザインにそっくりなものもあったりも。
(特に信長と正宗、三成。ちなみに慶次、謙信は「戦国BASARA」のキャラデザインに似てた)


そういえば、「必殺仕事人」もレギュラーで始まるみたいだし、
金田一も見れたしもういいかな、この休みも。



【レッドクリフ partⅠ】


まず何度も書いてますけど、僕は本当に三国志の知識は
せいぜい分冊図鑑と「無双OROCHI」の攻略本からの知識程度しかないですけど、
それでも赤壁の戦いの事はある手度は知ってるつもりです。

それにしても、関羽と張飛の見た目がまさに無双シリーズそのままだったり、
趙雲の単騎駆けも見れたり、諸葛亮と周瑜が並んで立ってたりも。
多分三国志が好きな人にはたまらないシーンが多いのではないでしょうか。

それと、僕が見る限りではどうやら「正史」と「演義」の要素が入り混じっているようでしたね。

【正史の要素】
・劉備が助け出された息子を叩きつけていない。
・孫尚香が劉備に向かって「剣を持たせた百人の侍女に自分の寝室を守らせる」発言してる。
(まだ婚約はしていないものの)
・太史慈がいない(おそらくすでに故人)。

【演義の要素】
・諸葛亮が参戦している(正史では書かれていない)。


大体これぐらいですね。
ただあともうちょっと言えば、曹魏軍にあまり知ってる名前が出てこなかったのが微妙に残念。
曹丕や夏候惇などの無双シリーズに出た武将ももっと見たかったが……。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
アクセス解析
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[02/15 隆]
[01/08 きみたけ]
[06/08 栗坊]
[08/23 隆]
[08/20 きみたけ]
お天気情報
プロフィール
HN:
HP:
性別:
男性
BlogMusic
フリーエリア
バーコード
忍者ポイント

Copyright © [ 研究レポート ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]